今日のBorderlands The Pre-Sequel日記 160314 DLC4の実績

Claptrapのデジタルな決死圏の実績は全部で10個。
そのうち5つがメインストーリーのクリア実績、3つが特定の行動を求められるもの、2つがクリア後のアリーナ実績になる。
ストーリー実績はクリアすればいいだけなので、今回はその他の5つの取得方法を

撮影禁止!
Spybugを撮影される前に10体倒せば解除。
Spybugとは、写真を撮影すると透明になるBugの事で、特定の場所かアリーナに出現する。
TheNexusのファストトラベルターミナル近く、ストーリーの途中で通るジャンク品置き場に、Adbugと半々くらいの確率で2匹出現する。
セーブ&ロードで倒していけばすぐに解除できると思う。

遺跡の脱出劇
サブクエのテンプル オブ ブーム中に、転がってくる罠に掛からなければ解除。
この実績だけ失敗すると別のデータか難易度で挑戦する必要があるらしい。
難易度は低く、ここまでボダランを遊んできた人なら簡単に通過出来ると思う。
一応セーブデータのバックアップを取っておく方が安心ではあるが。

ソシオパス・ネットワーカー
TheNexusに5つあるホログラムを調べると解除。
ホログラムの場所は説明しにくいため、Youtubeの動画で↓




キャット アンド ホットドッグ
何度見ても楽しいニャ

ストーリーをクリアすると、Deck 13 1/2のジャックがいるフロアで、ブレインハッカーズというサブクエが発生する。
それを進めると、1回目にシャドウトラップと戦ったエリアでアリーナがプレイ出来るようになる。
ここで1度クリアすれば前者、全てのモードとMODをクリアすれば後者が解除となる。
後者は、難易度は一番簡単な1で、モードとMODを1つずつ選んでいくと、9回目のプレイ終了後に解除される。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のBorderlands The Pre-Sequel日記 160313 DLC Claptrap のデジタルな決死圏

続けてBLTPSのDLC4であるClaptrap のデジタルな決死圏をプレイしていく。

このDLCでは、ハイペリオンの元社長がジャックに殺される前、特殊なプログラムの「H-Source」をクラップトラップの思考に隠したため、それを取り出すためにクラップトラップのデジタル世界へ飛び込む、というストーリーになる。
BL2でなぜクラトラとジャックが仲が悪いのかもこのDLCで判明する
また、特典としてレベルキャップが10引き上げられ、シーズンパス持ちならLv70までレベル上げが可能になっている。

今回のDLCはラストという事もありそこそこボリュームがある。
通常にプレイしても5時間以上かかるメインストーリーに加え、10種類程度のサブクエストに、DLCのメインストーリークリア後にはWaveタイプのアリーナまで遊べるようになっている。
今までのシーズンパス対応DLCが薄すぎたため、この仕様は嬉しい限りである。

実際にプレイしていくと、ストーリーに若干の引き伸ばし感はあるものの、いつものボダランといった感じでネタを挟みながら進んでいく。
BL1、2の主人公達、タニス、ゼッド、ハマーロック、フェリシティなど、旧作の登場人物が出演するのもお決まりの流れになる。
今回はタニスの登場が少々多めに感じた。

戦闘は、バグやマルウェアといった、デジタル世界特有の敵が出現する。
と言っても、外見こそデジタルな感じだが、中身は今までの敵とあまり変わらない。
一部写真を撮ったりHUDに広告を流す特殊な敵がいるのには驚くと思う。
ボスは中ボス・シャドウトラップ1回目、2回目前後半と、ボス戦は計4回もある。
1つのDLCでボス戦が4回もあるのに気合の入りようが伺える。

長くなったので、実績に関しては明日の日記で詳しく書いていく。

bltps_47.jpg

bltps_48.jpg

bltps_49.jpg

bltps_50.jpg

bltps_51.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のBorderlands The Pre-Sequel日記 160312 DLC 熱闘ホロドーム

積みゲー崩し中と言ったが、一旦中断してTPSをプレイする事にした。
特に遊んでいないDLCを中心に、全実績解除を視野に入れてプレイしていく。
今回はDLCの熱闘ホロドームの事。

熱闘ホロドームは、ボダランお得意のWave制闘技場を追加するDLCである。
マップリストの一番下に新しくHolodomeが追加され、そこでホログラムのクラップトラップからクエストが受けられる。
通常のラウンドが5つと、ラストにBadassラウンドという難し目のラウンドが用意されている。

またこのマップでは、ラウンドをプレイ中にBL2のキャラ同士の会話が多く挟まれる。
特に、TPSでは殆ど喋っていないケージの会話がガッツリと聞ける。
ただの会話なのでゲームとは関係無いのだが、ちょっとしたお得感を感じられると思う。

ゲームの方は、各ラウンドごとにオプションのミニイベントがあるものの、基本は敵を倒していくだけの単純なクエスト内容になる。
マップが無駄に広く、自分は敵よりもマップ移動のだるさにうんざりしながらのプレイになった。

このDLCの実績は3つ
5ラウンドをクリア、Badassラウンドクリア、Badassラウンドで戦って生き延びろ状態にならない、という内容で、2周目以降のキャラでノーマルモードをプレイすれば簡単に実績回収が可能である。

bltps_045.jpg

bltps_046.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のBorderlands The Pre-Sequel日記 141120 チャレンジ

続き。

今回はレジェ集めを一度お休みし、チャレンジャーの実績を取得するためチャレンジ埋めを行う。
チャレンジャーは2と全く同じ内容で、ロケーション系のチャレンジを除外したチャレンジの1段階目を完了させれば解除になるとのこと。
ここまで遊んできてかなりの数のチャレンジを達成できているが、所々に穴があるので一つずつ埋めていく。

相変わらずマルチが必須なチャレンジも存在している。
デュエルの方は既に解除済みなのだが、トレードの方がまだ解除出来ていなかった。
そもそも他人とトレードする機会があまりないため、自然に解除される訳もない。
これに関しては2窓戦法で無理矢理達成させてしまった。

撃破系は武器を満遍なく使っていたおかげで殆どが埋まっていた。
ピストルのスコープ後すぐに敵を撃破等、狙えば簡単なものはサクサクっと達成していく。

一つ問題になったのが、ショットガンのところに空欄のままのチャレンジが一つ存在する。
前作と仕様が同じなら、「全部食らえ」のチャレンジを5段階目まで達成しなければならない。
ショットガンで至近距離から敵を倒す、というのがその内容で、本当に目と鼻の先でないとカウントされない厄介なチャレンジになっている。
近距離ショットガンはあまり使って来なかった事もあり、まだ2段珪目すらクリア出来ていなかった。

現在はノーマルモードの敵を倒してショットガンキルの数を稼いでいる。
まだルーンシャイン武器20個作成や特殊シールド・グレネード等のチャレンジも残っているし、解除まではもう少しかかりそうである。。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のBorderlands The Pre-Sequel日記 141119

iwajira狩り再開。
Flakkerのおかげでマラソンが捗っている。

本日の収穫はレジェピストル2つだった。
どちらも紫3つのグラインドで獲得した。
88Fragnumはサブ武器として確保しておき、Shooterangの方は倉庫直行だった。
ちなみにその間に合成用のThingyが2つ手に入っている。

そんな中、グラインダー横の自販機で3DD1.Eが売り出されていた。
マラソン前なら嬉しかったのだが、既にLv50を装備している身としては正直嬉しくない。

bltps_042.jpg

bltps_043.jpg

bltps_044.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

kodama12

Author:kodama12

毎日更新頑張ります

実績解除ガイドまとめ

◆好きなゲームのジャンル◆
アクション レース 探索
オープンワールド 作業
ゾンビ 銃 ファンタジー

◆苦手なゲームのジャンル◆
テンポが悪いゲーム
達成感の無いゲーム

メールアドレス
siroedamame@gmail.com

SteamID(二代目)
:kodama12

カテゴリ
GTA5 (29)
MGS5 (27)
ETS2 (23)
PMS (4)
カウンター
最新コメント
最新記事
リンク