今日のLife is Strange日記 160308 実績について

このゲームの実績は実に単純で取得難易度も低い。
60個と数はあるものの、その実はエピソードクリア実績と写真の実績のみの構成になる。
写真は各エピソードに10枚ずつ用意されている。

写真の場所は以下のサイトの、右メニューのPhotoで確認しながら撮っていった。

Life is Strange Game Guide & Walkthrough
http://guides.gamepressure.com/lifeisstrange/

その殆どは、ゲーム内のシルエットだけでも十分分かる、簡単なものになっている。
ただ、一部ギミックがあって分かりにくかったものを羅列してみる。
ちなみに#の数字は上記攻略サイトの写真ナンバーをそのまま使っている。

エピソード1
#3 ジャスティンのスケボー技
ジャスティンとの会話後、一度巻き戻して未来を変えると技を見せてもらえる。

#7 ボールが当たったガラス窓
アリッサにボールが当たってしまうと発生しないため、巻き戻してアリッサに危険を伝える必要がある。

エピソード2
#2 ベンチ上のリス
通常ではリスに近づくと逃げてしまうので、逃げていないところまで巻き戻して撮影しなければならない。

#9 実験に成功したウォーレン
一度実験を失敗させて巻き戻し、その次に先生に何が足りないかを聞き、再度ウォーレンに話しかけて塩素が必要だと教えると実験が成功になる。

エピソード3


#1 光るフィギュア
ヴィクトリアの部屋のゴミ箱でフィギュアの箱を確認した後、左の棚に置いてあるフィギュアにしばらく携帯の光を当て続けると撮影できるようになる。

#3 水槽の魚
水槽のライトを付ける必要あり。

#7 庭の鳥
部屋の中に入った鳥を庭に追いやらなければならない。
鳥はディビッドのガレージへ行くドアの右上にいて、予めダイニングの窓を開けておき、何度か鳥に声をかけて窓まで誘導すると外に出てくれる。

#8 トラック
トラックの運転手の会話後巻き戻し、トラックの詳細を選択するとトラックを撮る許可をくれる。

エピソード4

#2 鳥の巣
ディビッドのガレージの、車があった場所の奥、気の板をどかすと鳥の巣がある。

#4 2匹のリス
まずはサミュエルと会話してリスの選択肢を選ぶとリスに餌をあげ、ベンチ側のリスがこちらに寄ってくる。
次にサミュエルの横にあるエサ箱から選択肢を選ぶと、寮側のリスを寄らせる事ができる。

エピソード5


#7 窓外の大きなリス
リスが現れるのは寮の無限ループの最後、マックスの服でマックスの部屋へ入る前のトイレ側の窓になる。

#8 骨格模型
骨は理科室ではなくトイレ前に置かれている。
全てが逆になっている世界という事で、写真を撮るのではなく、TABを押して写真を確認しようとする事で撮影した事になる。

#9 ウォーレンのロッカー
ロッカーエリアの出口を上とすると右下の行き止まり、ウォーレンのロッカーを開けると撮影できる。

#10 並べられたビン
ビンを5つ集める必要がある。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のLife is Strange日記 160307 エピソード5

続き。
ついに最終章を迎える。

ストーリーの概要を追って書いていくので、壮大なネタバレが含まれる。
未プレイの方は注意して欲しい。


← エピソード4の感想へ 実績について →

-----------------

ジェファソンに捕まったマックスは、眠らされている間に暗室へ閉じ込められる。
そこで今までの悪事やネイサンを利用してきた事、レイチェルやマックスの事まで事の顛末を聞かされる。
マックスもその中で写真ジャンプを繰り返してジェファソンと戦っていく。
マックスがサンフランシスコへ行く時間軸、暗室からディビッドが助けてくれる時間軸、色々と試していくうちに、力を使うと確実にアルカディア・ベイが破壊されるという結末に至ってしまう。
最終的にマックスは、学校のトイレで力を使わずにクロエを死なせるか、竜巻を承知でクロエを助けるかの2択を迫られる事になる。

冒頭から一連の出来事の黒幕はジェファソンである事が確定した。
エピソード5でのジェファソンは笑えないレベルのサイコパス野郎である
珍しく感情移入をしながらプレイしただけに、胸糞悪さ倍増で顔を見ただけでムカムカする。

ジェファソンの写真やアルバムの写真で過去に飛びながら、ディビッドに捕まえてもらうルートを見つける。
序盤の言動の悪さが嘘のように、ディビッドは完全な善人として活躍する。
ずっと悪人の扱いをして本当に申し訳ない。

暗室のループから抜けると、海外ゲーお得意の精神世界が始まる。
ここではクロエとの思い出が流れたり、今までの登場人物に問いつめられるなどの演出がなされる。

そして最後の選択が、クロエを選ぶか世界を選ぶか、という究極の2択になる。
この2択によって2種類のEDのどちらかが決まってしまう。
当初EDは各エピソードの選択から分岐していくと思ったのだが、実際はこの2択が全て決まってしまうようである。
ちなみに分岐後の内容は、

1、クロエを選んだ場合
クロエがそのまま生き残り、その代わりアルカディア・ベイが破壊される。
破壊された街を見ながら、クロエと共に街を出て終了となる。

lis_27.jpg

2、世界を選んだ場合
オープニングのトイレでクロエが死ぬ事になる。
ただしネイサンが捕まる事でジェファソンの悪事が暴かれる。
ジェファソンに関連する惨事は何も起きず、力を使う前の世界なので異常現象や竜巻も起きない。

lis_25.jpg

どちらのEDもどう見てもバッドエンドである。
せめてトゥルーエンドルートは欲しいと思った。

---------------------

総評としては、超良作とはいかないものの、ADV&ノベルゲーとして人に進めるには十分の良作といった感じだろうか。
ゲーム部分では、巻き戻しという能力をゲーム性に上手く繋げられていたと思う。
ストーリーは、あらぬ方向へぶっ飛びそうなタイムリープものを綺麗にまとまっていたが、物語の収束の仕方は少々無理矢理感はあった気がする。
それと、最終章の精神世界は無駄に長くて引き伸ばしに感じた。

ノベルゲーはほぼプレイしない、特にADVとは名ばかりの紙芝居ゲーを好きではない自分がプレイして面白かったので、普段この手のゲームをプレイしない人でも十分楽しめる作品になっているように感じる。

今後の予定だが、最後に実績を全て取得してゲーム終了となる予定でいる。
実績の詳しい内容についても明日の日記で触れようと思う。

lis_21.jpg

lis_22.jpg

lis_24.jpg

lis_23.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のLife is Strange日記 160306 エピソード4

エピソード4。

ストーリーの概要を追って書いていくので、壮大なネタバレが含まれる。
未プレイの方は注意して欲しい。


← エピソード3の感想へ  エピソード5の感想へ →

----------------

ウィリアムが生きている時間軸では、クロエは車の事故で全身不随+呼吸器系のが弱って瀕死の状態になっていた。
それを良しとしないマックスは再び過去に戻り、ウィリアムを助けない選択をして通常の世界に戻る。
再度レイチェル捜索に着手して、今までの手がかりからプレスコット家の古い納屋で地下室を発見し、ケイトやレイチェルのファイルを見つけ、その情報からスクラップ場でレイチェルの死体を発見する。
ネイサンを問い詰めようとボルテックスクラブのパーティに行くも、ネイサンは見つからず。
証拠を消すというメールにより再びレイチェルの死体を確認しに行くと、マックスは薬で眠らされ、クロエが銃で撃たれてしまった。
その犯人はネイサンではなくジェファソンだった。

エピソード4では、いよいよレイチェルの事件の全貌を解明していく事になる。
ウィリアムが生きている時間軸はあくまで演出上のもので、その時間軸がメインになることはなかった。
正直全身不随のクロエはきつい展開なので良かった。

レイチェルの捜索ではいくつかのパートに分かれている。
まずはディビッドのガレージで証拠集め、その次にフランクから薬の販売履歴を入手し、今まで証拠を全て照らし合わせての推理パートになる。

フランクとは険悪状態で、当然証拠を簡単に渡してくれるわけではない。
ここでは4択の選択肢を何度も行っていくのだが、殆どの選択肢がフランクが死ぬか怪我をするルートで、誰も怪我をしないルートはその中の1つだけとなっている。
犬が噛み付いたり、銃を撃つ事をやめさせるなど、とにかく誰かが怪我をする事や、フランクが怒るルートを潰しながら会話を進めていくしか無い。

推理パートではボードに証拠を並べて有用な情報を選択していくパズルゲームが始まる。
やり直しもし放題なので特に難しくはないが、今までとは違ったゲーム性で新鮮だった。

そしてエピソード終盤の流れである。
はじめはネイサンが犯人だと思って疑わなかった。
だが、ボルテックスクラブのパーティに何故かジェファソンがいる事でアレ?っとなる。
案の定スクラップ場に現れたのはジェファソンで逆に安心した。

いよいよ次がラストエピソード、張り切っていこう。

lis_15.jpg

lis_17.jpg

lis_18.jpg

lis_19.jpg

lis_20.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のLife is Strange日記 160305 エピソード3

続けてエピソード3の感想。

ストーリーの概要を追って書いていくので、壮大なネタバレが含まれる。
未プレイの方は注意して欲しい。


← エピソード2の感想へ  エピソード4の感想へ →

-------------------

エピソード3では、マックスとクロエが本格的にレイチェルを探し始める。
校長室、ディビッドのPC、さらにフランクのトレーラーハウスと、レイチェルの後を追っていく。
その過程でクロエと2ショットの写真をもらうのだが、その写真が影響してクロエの父親のウィリアムが事故で亡くなる直前にジャンプしてしまう。
その過去でウィリアムを死なせない工作をして帰還、すると未来が書き換えられ、今までとは全く違った世界になってしまう。
クロエの家に行ってみると、父親は生存していたが、車いすに乗ったクロエが出てきたところでエンディングになる。

エピソード3で物語があらぬ方向へ動いた。
今までが少しの時間移動ばかりだった事もあり、いきなり5年前にジャンプする展開はちょっと意外だった。

ウィリアムが生きている時間軸は、色々なものが変わっている。
マックスはヴィクトリアと仲が良く、ボルテックスクラブに入っているらしい。
ウォーレンはメガネっ子と付き合っていて、あのディビッドがバスの運転手をしている。
そして車いすのクロエである。
この急展開がムービーで一気に描かれたため、その間のスクショを撮る事すら忘れてしまうほど衝撃的だった。

今エピソードによって、今後の展開がさらに予想できなくなってしまった。
一体どうなるのだろう。

lis_11.jpg

lis_12.jpg

lis_13.jpg

lis_14.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のLife is Strange日記 160304 エピソード2

続き。
本日はエピソード2の感想を書いていく。

ストーリーの概要を追って書いていくので、壮大なネタバレが含まれる。
未プレイの方は注意して欲しい。


← エピソード1の感想へ  エピソード3の感想へ →

-------------------

エピソード2では、前半がクロエと能力やその他思い出話を、後半はケイトを自殺から救う話が主になる。
クロエには能力の事を全て内明かして、能力が本物という事と、使用回数には限度がある事が判明する。
ケイトはキス動画が流出した件で思い悩み、ついに自殺をする展開になってしまう。
そこでも能力に制限がある事が影響し、巻き戻しが効かない選択肢を迫られる事になる。

ケイトの件について、最終的に校長へ誰が罰せられるべきかを選択・報告しなければならない。
自分はネイサンを選択したのだが、どうもネイサンやディビットが悪いだけの単純な話ではなさそうなフラグがバンバンと立てられている。
エピソード1では完全なヒールだったデイビッドについても、実はいい人というフラグも立っているし、ケイトが言っている事が本当なのかすら疑わしい描写もあった。
レイチェルの件についても謎ばかりで、今後の展開がさっぱり分からなくなってきた。

ストーリーの感想はこんなところで、ここからは翻訳の件。

このゲームの翻訳は、英語からの訳とは思えないほどしっかりとしている。
この前にプレイしていた同じスクエニのJC3が微妙翻訳だっただけに、余計に良く見えるのかもしれない。
吹き替えについても違和感はあまり無い。
今回のDLCはスクエニの本気を感じる内容だった。

lis_06.jpg

lis_07.jpg

lis_08.jpg

lis_09.jpg

lis_10.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

kodama12

Author:kodama12

毎日更新頑張ります

実績解除ガイドまとめ

◆好きなゲームのジャンル◆
アクション レース 探索
オープンワールド 作業
ゾンビ 銃 ファンタジー

◆苦手なゲームのジャンル◆
テンポが悪いゲーム
達成感の無いゲーム

メールアドレス
siroedamame@gmail.com

SteamID(二代目)
:kodama12

カテゴリ
GTA5 (29)
MGS5 (27)
ETS2 (23)
PMS (4)
カウンター
最新コメント
最新記事
リンク