今日のゲームMirror's Edge Catalyst日記 170131 ゲームクリア

続き。
無事ストーリーモードをクリアした。

このゲームのストーリーは簡潔で分かりやすいものだった。
クルーガーの本拠地に乗り込んだフェイスは、リフレクション計画を阻止、敵役のガブリエルが死ぬ事になる。
その後もクルーガーの支配は続くものの、クルーガーのトップにフェイスの妹が就いた事で、希望を見えさせつつのEDとなった。
序盤で立てたフラグなども少なく、割りとすんなりストーリーが消化された印象である。

ストーリーをクリアした事で、完全に満足してしまった。
なのでコレクタブル系はコンプせず、このままフェードアウトという形になると思う。

最後まで遊んでみて、アクションゲームとしても、パルクールレースゲームとしても面白かった。
アクション面は爽快感・疾走感が素晴らしく、メインクエのイベントなどでそれに戦闘が加わると、映画のワンシーンのような疾走+戦闘というたまらない展開が多かった。
手軽に爽快アクションが楽しめるゲームとして本当に良いゲームだったと思う。
Originの読みでプレイ時間23時間、実績は38/49開放だった。

続けてNFSのプレイを開始しようと思う。

mecatalyst_15.jpg

mecatalyst_14.jpg

mecatalyst_16.jpg
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のゲームMirror's Edge Catalyst日記 170130

続き。

進めていたダッシュの全星3つ獲得が完了した。
一部ネタバレ動画を見てコースをカンニングしたものもあったが、何とか完走まで漕ぎ着けた
0コンマ1秒を争う事もしばしばで、おかげで細かい走行スキルが大分上達した。

メインストーリーの方も大詰め感が強くなってきた。
敵側に捕まっていたフェイスの妹を確保、洗脳計画の責任者だったアリーンが仲間になり、クルーガーとの直接対決まであと少しだと思われる。

mecatalyst_11.jpg

mecatalyst_12.jpg

mecatalyst_13.jpg

今日のゲームMirror's Edge Catalyst日記 170129 コレクタブル

続き。

このゲームにあるコレクタブルの紹介でも。
音声レコード
テキストドキュメント
電子パーツ
秘密のバッグ
グリッドリーク

以上が全コレクタブルになる。

上2つは定番の記録物で、物語の補足的な情報を入手出来る。
電子パーツは各所に点在する操作パネルからパーツを抜き出すと完了になる。
これら3アイテムは、画面内で近づくと赤い印でお知らせしてくれるアイテムになる。
上2つは数は少ないが少々目立たない場所に配置してあり、電子パーツは一部難しいものを除けば楽に入手出来るものの、数は多いのでコンプリートは難しい。

秘密のバッグは少々特殊である。
上3つとは違い、近づいても赤マークのお知らせが表示されない。
その代わり、バッグに近づくと専用のBGMが流れる。
また、バッグは必ずアスレチックの先に用意されていて、アスレチックの入り口には専用の赤いペイントがなされている。

最後のグリッドリークとは、フリーラン時に各所で見かける黄色い球である。
コレクタブルの中では一番多く、適当に走っていても結構な数が集まっていく。
ゲームクリア時に獲得出来るスキルが条件で、唯一ミニマップに表示されるようになるコレクタブルである。


どれも真面目に集めようと思うと難易度は高い。
自分は当然のようにネタバレを使って集める予定なので、難易度というより面倒臭さで電子パーツ集めに苦戦するという気がする。

ゲームも終盤に差し掛かってきたので、ぼちぼち収集の方も始めていきたいと思っている。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のゲームMirror's Edge Catalyst日記 170128 サブ要素

続き。
本日はサイドクエストとはまた違うサブ要素について触れていく。

ゲームを進めていくと、デリバリーやダッシュなどのアイコンがマップに現れる。
これらはストーリーとは全く関係のないところで進むミニゲームになる。
デリバリー:時間内に特定の場所へブツを運ぶ
デバーション:指定された敵拠点を順番に廻る
ダッシュ:指定の場所へ到達する時間を計測する

以上がそのゲームになる。

デリバリーは機械から受けるタイプと、人から渡されるタイプの2種類がある。
その後者については、転ぶなどして破損をさせないものや、敵に見つかってはならない制限が付いたものがある。
後者はただの運搬クエストだが、後者よりも時間がシビアに設定されている気がする。

デバーションは依頼人に頼まれ、敵の中で注意を引くクエストになる。
指定の場所へのルートは自分で考えなければならず、ゲーム側のナビゲートは役に立たない事が多い。
また何箇所かを廻るシステムのせいで、3つの中では一番時間がかかる。
自分が3つの中で一番苦手とするゲームのタイプである。

ダッシュはいわゆるタイムアタックになる。
タイムは最大星3つの評価がされて、ネットのIRにも対応している。
このTAが非常にシビアで、ナビゲートはただ邪魔なだけの機能になっている。
星3つのタイムは最短ルート前提のタイムが多く、ショートカットを見つける事が必須になっている。
ちなみにこのゲームには自作のTAコースをネットで公開出来て、プレイしているとプレイヤーが作成したTAコースがマップに表示されている事が多々ある。

3つを紹介したが、どれも難易度は高めに感じる。
個人的にダッシュはコースが短く、ルートを見つけるのが楽しくて一番楽しめている。
逆にデバーションは、トライ&エラーをするにも戻し作業が億劫で苦手である。

mecatalyst_06.jpg

mecatalyst_07.jpg

mecatalyst_08.jpg

mecatalyst_09.jpg

mecatalyst_10.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

今日のゲームMirror's Edge Catalyst日記 170127 プレイ開始

という事でMirror's Edge Catalystのプレイを開始した。

Mirror's Edgeは1をプレイ済みである。
Catalystは1の続編ではなく、世界観が共通な別次元のお話らしい。
はじめ自分は続編だと思ってプレイしていたが、どうも話が繋がらないので調べてみるとそういう事だった。
ただ主人公のフェイスやランナーの存在は一緒で、このゲーム最大の特徴であるパルクールアクションも健在である。

Catalystでは1から大幅な進化を遂げている。
1は一昔前のゲームで多かった1本道のアクションアドベンチャーだった。
それが2では1の世界観はそのままに、オープンワールド化で自由な移動が可能になった。
これによりサイドクエストやコレクタブルアイテムなど、オープンワールドでは定番の要素が追加されている。
さらに、レベル制導入で成長要素も追加された。
パルクールアクションにはワイヤー移動なども追加され、疾走感がさらに増している。
全体的に見ると、1の面白さはそのままに、現在のゲームで需要がある要素を取り込んで進化させたゲームという感じがする。

自分もプレイを開始し、現在ストーリーの中盤に差し掛かるあたりまで進んだ。
やぱりパルクールが面白く、フリーラン時でも無駄にぴょんぴょんする事がしばしばある。
ここまでプレイした感じだと、TA星3つやコレクタブル系など、やり込み要素まで全て触れてしまう気がしている。
1と同じ感覚で数時間でプレイ完了する気がしていたが、思ったよりも長い付き合いになりそうだ。

mecatalyst_01.jpg

mecatalyst_02.jpg

mecatalyst_03.jpg

mecatalyst_04.jpg

mecatalyst_05.jpg
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
プロフィール

kodama12

Author:kodama12

毎日更新頑張ります

☆実績解除ガイドまとめ☆

◆好きなゲームのジャンル◆
アクション レース 探索
オープンワールド 作業
ゾンビ 銃 ファンタジー

◆苦手なゲームのジャンル◆
テンポが悪いゲーム
達成感の無いゲーム

メールアドレス
siroedamame@gmail.com

SteamID(二代目)
:kodama12

カテゴリ
GTA5 (29)
MGS5 (27)
ETS2 (23)
PMS (4)
カウンター
最新コメント
最新記事
リンク