上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日書いたビデオカードが思ったよりも早く届いた。
予想より早い到着で、色々と準備不足のままのレポート。

GTX560のカードの事は以下の記事でレポートしている。

今日のPC日記 111205 GTX560レポート
http://edamamegames.blog12.fc2.com/blog-entry-757.html

-------

今回購入したのはクロシコのGF-GTX660-E2GHD/DF/OC/A。
最近クロシコ製品の割合が多くなってきた気がしなくもない。

早速装着。
ツインファンということもあり、前回のカードよりも少し長め。
そのため、HDDの場所やSATA端子の位置などを適所に移動する。
これが予想以上に面倒で、特にSATAの電源ケーブルの配置にてこずった。
カードの補助電源は6ピンx1、補助ピン用の電源プラグインケーブルを1本除けたのは地味に嬉しい。

ドライバの管理も終わり、画面出力までは問題なく完了した。

gpuz_660.jpg

OCモデルということで、コアクロックが従来の980MHzから1006MHzに設定されている。
アイドル時の温度は、室温30℃で37℃とかなり低い。
消費電力は計る環境にないが、レビューサイトなどから推測すると、大体10W~20Wの省電力になっているのではないかと思う。

で、早速ベンチマーク。
とりあえず前回と同じバージョン&最新バージョンのOCTTを回してみる。
ちなみに、他パーツの構成は前回レポの時とほぼ同じ。
室温は30℃、前回レポの時よりも10℃ほど高いと思われる。

occt400_660.png

occt440_660.png

比較対象の無い後者はともかく、前者のグラフは言わずもかな、かなりの性能向上が確認出来た。
温度も低く、この糞暑さの中で70℃を下回ってくれた。
ちなみに、後者画像の設定をミスして温度が測れていないが、概ね前者画像と同じ温度で推移していた。

ここまでは概ね予想通り、そんな中で予想外、というよりあまり関心が無かった静音性に驚いた。
負荷をかけてもCPUとケースのファン音にかき消され、本当に回っているのか疑うほどの静かさになっている。
前のカードが五月蠅すぎたのかもしれない、と今更思った。


次に各ゲームでの性能向上の確認。
ただこれは素材を準備していないので、記憶の中での比較になる。

・セインツ4
設定HIGHでは重くてゲームにならなかったのが、HIGHでストレス無くプレイ出来るようになった。
交換前の設定MEDIUMの体感FPS=設定HIGHのそれといった感じ。
ただ、スーパージャンプ等で重い地区を飛ぶと、設定HIGHでもMEDIUMでもFPS40程度まで落ち込む。
どちらの設定でも落ちるという事はCPUがネックになっているのだろうか。

・ETS2
PPIのFXAA設クオリティをMAXにしてもFPS60をキープ出来るようになっていた。
ただしプレイしたのは田舎道、街中でどうなるかは後に確認したい。

-------

今日はここまで。
動作は安定しているし、ゲームの方も確実に性能アップが確認出来た。
省電力で高性能、もっと早めに交換しておけばと思った。
スポンサーサイト
2013.09.04 Wed l PC関係 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edamamegames.blog12.fc2.com/tb.php/1404-214a8495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。