上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
現在もアップデートが繰り返されているVCDだが、本日23日にVer1.0がリリースされるらしい。
現段階ではまだリリースされていないが、時差を考えても明日の早朝までにはリリースされるのではないかと思われる。

で、今回はワークショップのMODに手を出してみる事にした。
試しにDL数が多いMedical Rustというマップを導入してみた。

vcd_67.jpg

vcd_68.jpg

vcd_69.jpg

vcd_70.jpg

vcd_71.jpg

vcd_72.jpg

基本はEvil Scienceがベースになっていて、そこにCryogenesis、Unearthly Excavation、Waste Disposalなどの要素が織り込まれているマップになる。
驚くべきはその広さで、公式マップでおそらく一番広いOvergrowthを軽く超える広さになっている。
その広さへの考慮からか、焼却炉、バケツマシン、箱マシンが2つずつ存在するという珍しい特徴も持っている。

広大なマップではあるものの、死体の配置や汚れ方は単純なものが多い。
隠しパーツも天井に吊されているものがいくつかあるのみで、何かギミックが存在するという事は無かった。
分類は箱、ドラム缶、窒素缶の3種類になり、医療箱についてはエリアが見つけられなかったので分類非対象なのだと思う。
ちなみに血で壁に書かれている数字はそのまま扉のパスワードになっている。

単純ではあるが広さゆえにそれなりの作業量になる。
ソロでプレイする時は仕上げまでに3時間は見た方が良いと思う。
スポンサーサイト
2015.10.23 Fri l Viscera Cleanup Detail l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.11.20 Fri l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edamamegames.blog12.fc2.com/tb.php/2173-c79e3375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。