上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久しぶりに7パをプレイ中。

7パでは、7with猛将伝のDLCで追加された武器が、いずれかの武将の得意武器として新たに割り振られている。
それによりその武将のEX技や乱舞などが変更になっている場合が多い。
7with猛将伝の追加武器は触っていない(PC版では配信していない?)ので、実質7パからの新武器と言っていい。

前回プレイした時にはこれらの武器について満足に触れていなかった。
なので今回はそれらの得意武器キャラを使ってみた感想を殴り書いていこうと思う。
ちなみに使用武器はユニークの5or6武器2本持ち、難易度難しい、争覇モード中盤~後半でお試しプレイを行っている。

○王異
筆架叉→峨嵋刺
今までの3又の槍から、両端が刃になっている小型ナイフになった。
王異の個別技は掴み系が多かったが、筆架叉の特性やEX技は範囲型の攻撃が多めだった。
それが峨嵋刺は武器のCも個人攻撃型に特化していて、より暗殺者という形容が似合うキャラになっている。
ただEXがどちらもそれなりに範囲が広く、ヴァリアブル攻の速度アップ効果も相まり、相変わらず凄まじい勢いで雑魚も武将も溶けていく。
EXで適当に雑魚を散らしながら、EXに掴み系のC6を織り交ぜた技で攻めるのがいいと思う。
乱舞は1が範囲で2とJが掴み系、個人的には当たったら気持ちのいい&ダメージの大きいJ乱舞が好みである。

○孟獲
鬼神手甲→石柱
コンパチの代名詞だった小手から、孟獲らしいドデカ武器の石柱になった。
石柱は通常の柱モード、毒を撒き散らすきのこモード、ヤシの実を撒くヤシの木モードの3種類に変形する。
きのこモードは攻撃範囲が狭くなるが、毒属性付き+ヤシの実が毒の霧に触れると毒の爆発を起こす。
ちなみに自分は毒系技はそれほど使わず、もっぱらC1EXの自己強化からのヤシの木ゴリ押し戦法が多い。
乱舞は散らせる乱舞1が使いやすい。

○小喬
鉄扇→双扇
小喬は一度君主でプレイしていたが、新武器の事に触れていなかったので一応書いておく。

7パにして懐かしの扇2刀流が復活している。
JN・JC共に3回ずつ放てる判定があり、地上のCにもジャンプに繋げやすい技が揃っている。
JNはヒット時敵がふわっと打ち上がる親切仕様だし、JCには多段ヒットに属性が乗って凄まじい威力になる。
C3EXで雑魚散らしの性能も文句なし、終いには乱舞2の多段ヒットによるトンデモ威力である。
スピード感・爽快感にお手玉の面白さがあり、プレイしていて本当に楽しいキャラだと思う。
3からの小喬使いとしては、一時不遇な時期を経てここまでの強キャラになってくれたのは普通に嬉しい。

--------------

続きは次回。
スポンサーサイト
2016.04.11 Mon l 真・三国無双7 Empires l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
7with猛将伝はSteam日本版ではDLCのみがオンラインストアに見えているという状態になっているようです。
2016.04.12 Tue l Vanadium=Belvis. URL l 編集
Re: No title
ですね。
ただし本体のおま国に釣られてか、ライブラリのDLCリンクからではDLCストアページに飛べないという謎仕様ですね。
見えていれば購入するかもなのに勿体無いですなぁ。
2016.04.13 Wed l kodama12 (旧枝豆). URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edamamegames.blog12.fc2.com/tb.php/2347-9a26a858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。