上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
続き。
スライムサイエンスのガジェットについてもう少し記しておく。

下画像がガジェット製造機の画面である。
上部のタブで種類別に分かれていて、左から順に、
Extractors/採掘機:特殊素材をフィールドから吸い出す機械
Utilities/ユーティリティ:水タレットやジャンプ台などの便利機器
Warp Tech/ワープ装置:テレポーター、アイテム共有機、どこでもリファイナリーなど
Decorations/装飾:そのまま装飾用ガジェット
Curios/珍品:スライムアクセサリーやバスケゴールなどのお遊びアイテム

こんな感じになっている。

その中で重要になるのが採掘機である。
採掘機で特殊素材を取得しないと以右のガジェットはほぼ作ることが出来ない。
なのでこのゲームのガジェット弄りは、採掘機からの素材が集まり出してからが本番である。

採掘機は3種類に別れている。
Pump/ポンプは液体系、Apiarie/養蜂機ははちみつ系、Drill/ドリルは鉱石系を取得できる。
さらに、ポンプはThe Dry Reef、養蜂機はThe Moss Blanket、ドリルはThe Indigo Quarryに差し込む事で、それぞれそこでしか取れない特殊素材が排出される。
この素材についても結構な頻度で要求されるため、面倒でも上記環境で採掘する事をおすすめする。
ちなみに自分は各所広めの場所に採掘機を上限の6つを置き、そばにテレポーターを置いて効率化を図っている。

srancher_20.jpg
スポンサーサイト
2017.03.22 Wed l Slime Rancher l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edamamegames.blog12.fc2.com/tb.php/2680-60bb33e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。