上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
進めていたDishonored2の全実績解除が完了した。
プレイスルーの記録が解除条件のものが多く、思ったよりも時間がかかってしまった。
ただ難易度的には割と簡単な方で、狙いさえすれば確実に取得ができるものばかりだった。

今回もxbox oneの実績wikiAStatsのガイドを参考にした。
特に今回は箱1の実績名は日本語なのにSteamの実績名は英語という地味に面倒くさい仕様で、箱1の解説よりも英語表記の実績名から動画を探して解除するという作業の方が多かった。

各実績の解除方法は上記サイトで補完できるので書かないが、実績「Well Funded」(箱1での表記は豊富な資金)についてだけ少々触れておく。
この実績は全9章のゲーム中に取得できるお金の60%を確保すれば解除される実績である。
自分も解除を狙ったのだが、明らかに計算よりも早い6章の途中で実績が解除された。

最初は何故か分からなかったのだが、各章終了時の表には加算されていないお金を加えると合点がいく結果になった。
このゲームの仕様で、2周目以降に前周回で取得済みの設計図を再度拾うとお金に換金される。
このお金はプレイ中は拾ったお金に加算されるものの、章終わりの表では除かれて表記される。
表記されていないお金を計算に入れると丁度狙っている額に近い数字になった。
実際の事はきちんと検証していないので分からないが、2周目以降の設計図はお金の総取得額に加算されていて、しかも目標にしている分母の額は変化が無いという気がしている。
アウトサイダーの力を拒否した場合ルーンがお金に換金されるのだが、もしかしたらこのお金も加算されるのかもしれない。
どちらにしろ実績「Well Funded」の解除は2周目以降が圧倒的に楽という事が分かった。

という事で、晴れて全実績解除となり、Dishonored2のプレイも終了とする。
プレイ時間はSteam読みで41時間だった。
スポンサーサイト
2017.07.08 Sat l Dishonored 2 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edamamegames.blog12.fc2.com/tb.php/2780-b42803fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。